FC2ブログ

記事一覧

日本の続く挑発に... チョグクが青瓦台の会議に持ってきた本

日本の続く挑発に... チョグクが青瓦台の会議に持ってきた本


マネートゥデイ    


チェギョンミン記者2019.07.22 15:23

 

http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2019072215187611097&pDepth2=Ptotal

 


[the300]日本会議の正体... 「日本の極右勢力の総本山、天皇中心国家体制に回帰願望」


【ソウル=ニューシス】パク・ジニ記者=チョグク民情首席が22日、大統領府以上官民で開かれた首席秘書官・補佐官会議に持参した「日本会議の正体」冊子をカン・キジョン政務首席が見ている。2019.07.22。pak7130@newsis.com

 


チョグク青瓦台民情首席が22日、大統領府でムン・ジェイン大統領が主宰した首席補佐官会議に一冊の本を持ってきた。本の名前は「日本会議の正体」。

この本は、共同通信ソウル特派員を務めた青木理前記者が書いた本で2017年8月発刊された。安倍晋三首相、政府が進めている、歴史歪曲、暴言、扇動などの理由を述べている。

日本の会議は、日本の極右勢力の総本山の役割をするという評価だ。著者はこの本を通じて安倍内閣の大半が日本会議出身だと明らかにした。そして、日本の「戦争できる国」改憲の動きを理解する出発点だと主張した。

本は「日本会議は、表面的な「顔」で右派系の有名な文化人、経済人、学者を打ち出したが、実際の姿は「宗教右派団体」に近い政治集団」とし「そこにBGMのように敷かれたのが、戦前体制、すなわち天皇中心国家体制への回帰願望」と説明する。

また、「日本会議の活動は、過去に国(日本)を破滅に導いたレトロシステムのようなものを再び招く危険性があると同時に「政教分離」という近代民主主義の大原則を根本から揺るがす危険性まで内包した政治運動」とし「ところが、その「宗教右派集団」がリードしている政治活動が今確実に勢いを振り切り、現実の政治に影響力を高めている」と評価した。

チョ首席は、日本の経済措置以後着実に青瓦台の「スピーカー」の役割をしてきた。この日のフェイスブックにも「大韓民国の正統性と(司法)主権が他国、特に過去主権侵奪国だった日本によって攻撃を受けている状況」と強調した。 

 

※韓国最高裁判決が日韓基本条約より優先、と認めないと韓国の司法主権侵害なんですって!

青瓦台が日本の経済報復以降取得した「対日コンセンサス」を計ることができる本であるわけだ。首補(首席補佐官)会議でカン・キジョン青瓦台政務首席がチョ首席がもたらした本を関心を持って見て見る​​こともした。

 

※これで「ホワイト国」解除措置がわかった気になってホルホル。

 

韓国人て、お手軽で羨ましいです(*^─^*)ニコッ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tunkufc2543

Author:tunkufc2543
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ